若林区で半月板損傷なら荒井バランス整骨院まで|平日21時まで診療・駐車場完備

診療時間

LINE予約

半月板損傷

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 「歩いていて膝が痛いスポーツをしている時に膝を痛めてしまった」
  • 「正座が痛い」
  • 「膝を曲げるとかくっとする」

半月板損傷とは|荒井バランス整骨院

半月板損傷とは膝の関節の中にある軟骨の半月板と呼ばれる部分に亀裂が生じたり欠けたりしたものを言います。

子供から大人まで発症することがあり時間が経てば経つほどに変形性ひざ関節症を引き起こす可能性があります。

そもそも半月板とは太ももとふくらはぎの間にある線維軟骨と呼ばれる軟骨です。
内側に内側半月板が、外側に外側半月板がありそれぞれ膝のクッションをしている役割があります。
半月板が損傷してしまうと運動時痛が強く現れてしまったり、膝の曲げ伸ばしの際に引っかかり感が出てしまいます。

半月板損傷を放置してしまうと|荒井バランス整骨院

症状が進行してしまうと関節液と呼ばれる水が膝に溜まり
腫れ上がってしまったり急に膝が動かしづらくなる「ロッキング」という状態になり、
激痛のため歩けないこともあります。

半月板は膝をひねってしまうスポーツでよく現れますが高齢者になればなるほど日常生活でも損傷しまう可能性があります。

半月板損傷へのサポートについて|荒井バランス整骨院

半月板の損傷が顕著に現れている場合や前十字靭帯の損傷や内側側副靭帯の損傷が合併される場合には、重度のため病院や整形外科さんへの紹介なども当院で行なっております。

また損傷の程度で軽度である場合には当院(仙台市若林区荒井駅近く)では固定や電気手技や運動療法などにより半月板の損傷を改善していきます。
痛みが強い際には「ハイボルト」と言われる電気の施術を行います。

このハイボルト施術では神経の炎症や筋肉の硬結を緩めることができ、
また深部の筋肉や神経にもアプローチすることができるため、
ひざ関節の周囲の炎症や筋肉の拘縮緩和のために使っていきます。
また半月板損傷では ひざ関節の不安定性も現れるためテーピングや包帯などで固定もおこなっていきます。
早期に施術をすれば早期の回復が見込まれます。

片方の半月板の損傷があるともう片方の足で日頃の負担を強く受けるため反対側の足のケアも重要となります。
その際には姿勢治療である「トムソンベッド」と呼ばれる機械を用いた矯正方法や「楽トレ」
と呼ばれるインナーマッスルやアウターマッスルを鍛えることもできる機械を使って負担を軽減していきます。
半月板を痛めてしまう際にはニーイントゥーアウトと呼ばれるつま先は外側を向き、
膝は内側に向いた状態で衝撃が加わることにより損傷する事が多いです。
そのためこのようなニーイントゥーアウト のような姿勢にならないための姿勢づくりも当院で行なっています。
半月板損傷の施術後の再発防止も当院では可能です。
姿勢写真を撮りバランスボードに乗っていただきお身体の状態を検査していきます。
トムソンベッドでは施術を受ける方の体重と空気の圧力を用いて矯正を行うため、
痛みが極端に少なく安心で安全に受けることが可能です。「楽トレ」
では自分でなかなか鍛えることができない姿勢を支えるインナーマッスルも鍛えることができるため、再発予防や姿勢矯正にはとても重要となります。
もし仙台市若林区荒井周辺にお住まいの方で半月板損傷でお困りの方がいらっしゃれば、
是非当院へご相談ください!!!

 

荒井バランス整骨院(仙台市若林区荒井駅周辺)
仙台市若林区なないろの里1-13-8
022-762-9505

お問い合わせ|若林区 荒井バランス整骨院

  • 荒井バランス整骨院
  • line予約

診療時間

住所
〒984-0017
宮城県仙台市若林区なないろの里1-13-8
駐車場
駐車場完備
  • とみやバランス整骨院
  • つるがやバランス整骨院
  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院
  • 南仙台バランス整骨院
  • 荒井バランス整骨院
  • 名取バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院・交通事故対応専門ページ
  • バランス整骨院グループ

HOME

アクセス・料金

スタッフ紹介

初めての方へ

施術メニュー

  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • メンズ脱毛